2016年07月28日

続・生徒さん作品 ガラスモザイク時計 レッドです!!!

おはようございます。
昨日のKさんのブルーの作品から、今度は赤の作品です!

生徒さん作品 Aさんの ガラスモザイク時計です。


途中経過↓

隙間をいかに作るか、作らないかが、モザイクタイルの技でもあります。
どこにモザイクをいれるか?ということが、
モザイクデザインの中でとても重要なのです。

Aさん、この時もとても時間をかえて、色々模索されながら、ガラスモザイクを
置いていきました!
Aさん時計経過.JPG



完成形!Aさんのお宅の
お庭で、カラフルなベジタブルと一緒に!
可愛い+楽しい!

Aさん時計2.JPG

ラベンダー!
北海道の夏ですね!!!!

Aさん時計.JPG

時間を見るたびに、元気がでる、かわいいくて素敵な作品に仕上がりました!!!!



続きを読む
posted by aqui at 08:32| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

生徒さんモザイクガラス時計できました〜!

こんにちは=!
又又モザイク生徒さん作品、完成続々です!

Kさんの時計↓
まずは、途中経過。
途中経過のモザイクも見応えありますね〜〜〜〜!!!!↓

作品経過って、
途中でも完成を見ながらやっていきます。

デッサンで例えるなら、1本の線も完成の一部として最後まで作品の中に残っていくもの。
途中だから、まだいいわーーと適当においちゃうと、、、、
最後の最後まで
これが響いてくるんです。。。

最後の最後に
「やっぱり、タイルここ、剥がそうかな、、、」と思うこともしばしば。。。
トホホになるのを避けるためにも
なるべく1個1個大事にタイルを置いていきたいですね!


Ksan時計経過.jpg
ガラスモザイクをカットするのは、大変なんです!
(思った通りになかなかカットできなかったりします。細かいガラスの飛び散りに気を付けながら、一苦労です!
(袋の中に入れてカットするなど、ガラスカットは注意しますよ!!!!)


目地を入れて完成↓
Ksan時計.jpg


ブルーが落ち着いて
大人シックなお花のモザイクになりました。
世界に一つだけの、モザイクの素敵な時計ですね!!!!!

 一機にご紹介は、もったいないので、
明日は、もうひと方。

Aさんの
レッドな
モザイクガラス時計のご紹介です〜。
お楽しみに

続きを読む
posted by aqui at 18:03| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

生徒さん モザイク表札 ご紹介!!! 

こんにちは!
今日は連休最終日=皆様いかがお過ごしですか!???

時間をかけて、制作された
M.A.K.Nさんの表札ができました!!!!
途中経過のモザイクデザインです↓↓↓

1.jpg

途中経過のモザイクも素敵です

デザイン細部↓
お花と小鳥がとてもかわいい
こう見ると簡単にできると思われる方もいるかもしれません。
しかしこれは、技術の賜物

1枚のタイルから、すべて
カットして、削り形を整え、
デザインし、
作られているんですよ!!!!!モザイクって奥が深いな〜〜〜〜〜〜!!!!

5.JPG

アールヌーボーのデザインを土台に作られました。

 出来上がり作品↓
プライバシーのためお名前の部分は白で消してあります。
お見せできないのが、残念!!!!



3.JPG

漢字で、名前を描かれています。

文字の形は
現在「とと姉ちゃん」でおなじみの
「暮らしの手帳」のデザイナー花森安治さんの感じを思い出しました。


こんなイメージで想像してみて下さいね↓↓↓








M.A.K.Nさん!
1作品ごとに課題を作って、取り組んでおられます。
時間をかけて作品に向き合い、ご自分で課題をみつけ、それに取り組む。

すごく素敵ですね!



続きを読む
posted by aqui at 12:18| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

個性的=!???オリジナルについて


こんにちは!
札幌もやっと夏です!!!
ビアガーデンの季節です!!!

昨日は、
個人レッスンでMさんのお宅にお伺いさせて頂きました。

絵画の基本を学び、オリジナルデザインへ展開せていきたいそうです。
目標と行動力。素敵です!

鳥のモチーフを使い
形をデッサンして
幾何学模様的な装飾模様と
MIXしました。↓は、私がご一緒に別のタイプで描いた鳥↓↓↓




DSCN8714.JPG



 魅力的な作品とは、
「オリジナル」なことは、間違いないのですが、
 「オリジナルってどうすればいい???」って考えています。

若いときは、単純に、
「個性的」がオリジナルなのかと思っていいました。

でもその個性を
外側からみていて、

「こういうのが個性的なのかな?」みたいなことを考えている自分がいました。

今はそうではないと思います。

個性はだれにでもあるものです。

そして
外に探すのではなく、自分の内側に探すもの。

本来の個性ってなかなか自分では、解らなかったりします。

本来のその人の中にもっている個性を
自然に出せる人って
「魅力的だな」って思います。


作品もそうだと思います。

極端に言うと、
線を一本描いても、同じ線の人っていません。
それくらい、違うのです。






続きを読む
posted by aqui at 12:38| 北海道 ☔| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする