2016年10月12日

へ〜ゴッホの自画像そうやって送られてくるのね〜!デトロイト美術館展

おはようございます。
札幌はすっかり、秋です。


10月7日から、

が日本に来るですね!
世界有数のコレクターが集めた19世紀の絵画たちが観られるようで、!!!

有名画家たちだって、、
数多くの絵画を描いていますね。

当たり前なのですが、大体の画家は、何十枚どころが、もっと!???描いている人も中には
いますよね!!!

なので、
その中でも、人気があったり、それがきっかけになって世にでるようになったなど、


これって、すごーい!ピカソの絵??でも、、、なんか、。。。
(失礼な!!??)
という絵だって、あるんじゃないですかね。。。。。😵

そうなんです!
巨匠の中でも、より優れた絵というものがありますね!
それが
集まって観れるのは、
素晴らしい!!!!

そして、
昨日、朝の
目覚ましテレビで見たのですが、

ゴッホの自画像!!!
それを
どうやって、
アメリカから日本まで、運ぶのか。。。もちろん、飛行機で来るんですけどね、、、

簡単にいうと
どんな箱に入っているのかな!???

 それって、スゴーーーーーーーーく、私!!!!知りたかったんですが、

朝のテレビで、、、
目覚ましテレビで、、、、、、
 やってました。


美術品は、美術品だけを運搬する、郵送会社があり、
クロネコヤマトの美術品運搬が担当していましたが、
日本に到着するまでは、
極秘!!!!!!!

そうですよね=!だって、盗難されちゃったらね〜!!!!(世界中の泥棒さんが狙ってますよね=〜〜!!!)

それで、

ゴッホの自画像を特別に
どんな パッケージ???に入っているか!!!!なんと見せていたのです!!!
凄くないですか!!!!(私だけですか、、、、!???)


それは、
木箱に厳重にまずは、入っています。
それから、十字に動かないように中で、固定されていて、
 その中にもう一つ、木箱が入っています。

その中に、空間を十字に絶対動かないように固定されてゴッホの自画像は、額縁に入ったまま、
ビニールに包まれて
 入っておりました=!!!!

案外、最後は、、、ビニールとかに入れるのね、、と思った私。。。通気性がないほうがいいのかな!??

なんせ、19世紀の油絵。ゴッホさん、、お金もなかったから、
良いキャンバスとか使ってないに決まってる!???(勝手な想像)
なので、
保管の仕方、管理が凄く大事なんですよね!!!!!

現に、この自画像は
板の上にキャンバスを貼って描かれていて、(へ===!!!すごい!!!!)
板が
少し、しなってきているそうで、、、!!!!ほっ、ホントだ!!!!
(すごい!!!ゴッホの絵の裏m、、、見せてもらえるのね!!目覚ましテレビ!!!)

と、、、朝から、興奮していた私でした。。。

   ゴッホって、指で描いたりしてたそうで、、、(しそう。。。)
この自画像、観てみたいな!!!!

 絵画の保存、ほんと時間が経てば経つほど、大変なのです!
だって、 ゴッホよりもっともっと古い絵画、山ほどあります=。
(ゴッホ案外若い方だし〜)

人間の工夫と知恵で、
美術をその時代、時代につなげているんですね=!!!!






    





posted by aqui at 10:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: