2016年11月10日

バルセロナの思い出〜〜✨モザイク・フレスコ画との出会いA


おはようございます。
少し続けてモザイクとフレスコの出会いについて、書いてみようと思います。
なんで、カテゴリーは、バルセロナの思い出・モザイク・フレスコ画との出会い に追加しました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて〜前回は、
「デザインの仕事がしてみたいな〜」と
なぜか札幌美術学園に行くことになったという話まででした!

 私も札美(サツビ・と呼ばれております=)からモザイク・フレスコに
繋がるとはこの時期は夢にも思っておりませんでした!あはは!

 札幌美術学園
何も知らずに行くことになり、

始めは

「絵、習ってみような〜」くらいに思っていたのですが、、絵


そこは、一般向けの絵画教室もあるのですが、
美術大学への予備校でありました。

私にとっては、当時はスパルタ!?のように厳しい先生もいて
描いた石膏デッサンを描ける順に並べて
批評する、そんな世界にびっくり!え゛!


自分の石膏デッサンが余りにひどくて、なんだかそこで、たぶん始めて!?
「描けない自分が、嫌だ!!!!」と思ったのです。

石膏デッサンってホント日本だと受験のための登竜門で
ラボルトが最初だったな=。これ↓



ラボルト.jpg
たぶん自分の最初の絵は、
タイトル
「変な顔のおばさん」
になっていたと思います。。。。。
(まあ、それも今となっては見てみたい!?、、、のですが。。。)

自分にとってそれは、人生初めての
なにか、やる気!?がでたような気がしました。

振り返ると、それまでは、
「へんなおばさんでも、まっいいっかな〜」と思っていたはずが!!!!
初めて、「へんなおばさんじゃ===嫌だ!」と
私の中で何かが変わった出来事でした。


それで、本格的に
美術大学へ進んで美術を勉強してみたいな〜と思ったのです。
基礎を集中的に学ぶ、予備校の方へ行くことになりました。


 夜は、洋食屋さんでバイトをしながら
昼はサツビへ通いました。

デザインよりも、油彩のほうが、自分にあっていて、
人物画のための場所取りも苦にならず
運動会の場所取りお父さんのように!???
朝早くから出かけていきました=!
(早い人から順番に好きな場所をとれる=好きな場所=人物の好きなアングル)


結果、油彩科のほうで、デッサンと油彩画の勉強をしました。

まだ=全然モザイクも、フレスコ画も、全然でてきません!!!!・・・・・。

続く・・・・・。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: