2015年08月11日

人生スイッチ= ラテンのスイッチ違います〜

久しぶりのスペイン語映画!
スペイン人巨匠=ペドロ アルモドバル製作、アルゼンチン人監督 ダミアン ジフロン!
5本のオムニバス映画なのですが。。。。

最後の話しを見た後、最初の話しが思い出されない!!!
私の頭がやばいのか、話が強烈すぎるのか、、、、
それは、定かではありませんが。。。。

人間の見せたくない部分を
露呈させて、笑いかえる。
というか、ここまで出てくると
笑うしかない。がく〜(落胆した顔)

なんていうか、本音といいますか、
本当は言ってはいけないことばかりの世の中ですが、
これを 言ってしまうとどうなるのか。そして行動したら、、、、、(そこがラテンスイッチ!)どんっ(衝撃)


虚構と現実がうまく混ざり合った
濃厚な映画でした。

私的には、ラテン的な人間愛も感じました!

「人間ってバカだけど、それもいい」

スペイン語タイトルは RELATOS SALVAJES 
直訳は=野蛮人の話〜

パンチの映画です!ぴかぴか(新しい)

おすすめexclamation








posted by aqui at 09:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

マリリンモンロー 瞳の中の秘密

マリリンモンローってすごく有名ですが、
わたしは、あの方の顔がよく見えません。
というか、いったいどんな素顔なのかが、ぜんぜん見えてない。
化粧をとったら、とても印象のない顔できっと覚えられない。。。うまくいえないけどそんな印象。

マリリンモンローのドキュメントタッチの映画。
「瞳の中の秘密」

ずーと鬱で悩まされていたんですね。
日記のなかには、
「橋から飛び降りたい。
でも橋が美しから、そうじゃない橋をさがしたけど
みんな自分に比べる美しいから
飛び降りる橋もない。」
  

眼が覚めたら、
「おいおい、じゃあ、どんな橋!???」って自分につっこみを入れれそうですが
眼がずーと覚めないのが鬱の症状なのかもしれません。

誰もが羨む名声を手に入れたマリリン。
でも、自分の中の
「本当の女優になりたい」という思いは、

いつまでも手に入れられないものと、どこかで決めてしまっていたのかも。

すでにもうそうなっていたにもかかわらず。

世界中で愛されていたマリリン。
でも、やっぱり「愛されたい」
が生きることに影を落とす。


人がどんなにそう思っていても、本人が気が付かないかぎり、
心の朝はこないのかも。


 あんなに 世界中で顔をしらない人はいないのに、
マリリンは、自分の素顔が自分でも見えなくなってしまったのかも。



マリリンモンローは
本当はこんな人だったのか。
と、
マリリンモンロー興味なかったんですが、
なんだか好きになりました。







posted by aqui at 06:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

個展終わりました〜映画LIFEみて!

個展終わりました。皆様ありがとうございました!
1.JPG

個展も終わり、もう土曜日。
こうやってダラダラしていると、あっという間に1年経ってしまう。
そんな私にぴったりな映画LIFE見てきました!
ジョンスティラーが好きだったのですが、内容がもっとよかったです!
LIFEという雑誌の最後の表紙のネガ1枚だけがなくて、
そのネガ担当の主人公が、それを撮っている写真家を探しにいくというお話ですが。。。

主人公は、妄想だけが楽しみで、
地味でなんのとりえのない。
世間にはそう思われていたかもしれませんが、
ホントはその人と世間とは関係ない。でもそのうち、世間でいう先の見えるお年頃になると
その人までこう思われているんだろうな〜と、世間よりに自分をとらえてしまう。。。。
そうなると人は、自分がなんだかわからなくなりますね。

でも誇りをもって地道に頑張れば、誰かは見ている。
本当にそうなのかもしれない。
そう思える映画でした。

ホントはみんな輝いているんだよね〜ぴかぴか(新しい)
れに自分で気が付かなくちゃね!
そうすれば、今を生きられる!
誰かはちゃんと見ているんだから晴れ

前向きな仲間と、または一人でみるのがおすすめです〜!




posted by aqui at 10:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

ピーターラビットと湖水地方

 「ミス ポター」を偶然テレビで見ました。
ピーターラビットって私が子供のころは、
本よりももっと、キャラクター商品がでていて、
商品としてのピーターって、ただかわいらしくて
正直好きじゃありませんでした。

 使い込んだ透明水彩の絵の具パレットから始まる映像にひかれ、
最後まで見てしまいました。

 こんな話だったのね!!!
 私もスペインにいたころイギリスに旅行にいって、湖水地方にもいったことがありました。
湖水地方は、とてもとてもきれいなところで、
バックパッカーの日本人2人(私と友人)を現地のおじ様が
ヒッチハイクで乗せてくれて、案内してもらった思い出があります。
その方は日本に旅行にいったとき日本人がとても親切だったから、
そのことを思い出し君たち案内するよといってくれたのです。
日本人のおもてなしがこんなところでも。。。話がそれましたが、

 そこでお土産の目玉として、売られていたピーターラビット。
英語のわからない私は、ピーターラビットの故郷なのね=くらいにしかおもっていませんでしたが、
こんな「ミスポター」の人生のストーリーがあったとは。

 ピーターラビットの作者ミスポターが、あの美しい湖水地方を壊してはならないという思いで、
土地を購入しながら、あの場所を守った人だったんですね。
もちろんあの場所が、ピーターラビットの生まれた故郷でもあるのですが、
彼女の人生と湖水地方との強い結び付きをしり、
「こんなにも自然との関係が強い人ってすごいな=」と思いました。
湖水地方を愛し、彼女の純正性が湖水地方に愛された人なのかも。

それだからこそ、あの話があの絵が描けたと知りました。

今見るとわかります。
もう一度彼女の本見てみなくちゃ!





posted by aqui at 09:15| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

太鼓の映画 扉をたたく人

日の太鼓の話しで思い出した映画。
「扉をたたく人」
この映画大変良かったです。

真面目に生きていたおじさんが、どうしても音楽をしたくって
ピアノをならってましたが。。。。
なかなか上達しない。先生も感じ悪い。
音楽やってみたいのだけど、うまくいかない。
そんなとき、ひょんなことから、カップルに出会い、
ジャンベという太鼓に出会う。
そこで又社会の無常さを知るのですが、
太鼓は社会の垣根なく、
叩くというリズムで、人間同士を結び付ける。
その人を受け入れる。。。。。。
その人が心を開いたのかな?。。。。。

まさにタイトルどおり。「扉をたたく人」でした。
とても印象的な映画でした。
いい映画です。
お勧めですぴかぴか(新しい)
posted by aqui at 08:45| 北海道 ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

マンデラさん 「インビクタス」



今日速報でネルソンマンデラ氏の悲報がでました。

95歳だったそうです。

27年間も収監されて、95年の生涯は、長かったのか、短かったのか。。。。



マンデラさんのこと、そんなに気にしていたわけではないんですが、

クリントイーストウッド監督の 「インビクタス」を見てから、

すごく心に残った人になりました。



南アフリカといえば、学校でも、金の産地とアパルトヘイトで覚えましたが、

インビクタス」は、マンデラさんが大統領になってからのお話でした。






何が心に残ったかというと、
30年近く監獄に入れられ、とても狭い部屋、かなり小さい窓から見えるいつもの景色、
そのなかで、なぜ諦めずにいられたのか。。。。

その場所からマンデラさんが思っていた詩がありました。
それはウイリアム・アーネスト・ヘンリーの詩、
「運命を決めるのは我なり。我が魂を制するのは我なり。」

屈しない魂。

だれにも、何にも奪われない
あるということ。

そんなこと、よっぽどの
悲劇の中でしか考えられないんじゃないかと
思うかもしれません。
でもそんな境遇で出会う真実を知り、
共感して変化していけるのが
私達なんじゃいかな〜って、

感動しちゃう映画でした。

すごいな〜人間って。

95歳で亡くなったマンデラさん。すこいな〜。







 



posted by aqui at 11:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

映画 シャイン 心の居場所

昔見たけど何も覚えていなかった映画。
「シャイン」 
実在する不遇のピアニストの話。
流れで又見ましたが、(全然覚えてないし〜)、大変良かったです。

話は中盤から始じまるのですが、
それも、なかなか話しに入りやすくて良かったな=ひらめき
それは、大雨の中、ビショビショに濡れた、
ちょっと変がく〜(落胆した顔)な人が、ガラス越しに窓をたたく。
中に入れてと。
中にはピアノがあったんです。

「ダメだ」と拒否する人と、「かわいそうだから入れてあげなくちゃ」という人。
入れてあげてるとピアノに近づき、拒否した人が、「お前にピアノなんか引けるのか」と
言って座らせると、すごいピアノを弾きだす。

それから、そのピアニストの生い立ちに映像が変わるのですが。

優しい心は、時に弱いと思われれがちです。
そして、それを強くしなくちゃなんで、余計に叩いてみたりして。
親に言われるから、自らもそうしてみたりして。
親も悪気があるわけじゃないんだけ。
心配だからこそ、親の来た道をどうしても、薦めてしまう。。。
それにしてもこの主人公の、お父さん酷いわ〜。ふらふら

だけど、生きていけば、そこがいい、って言ってくれる人もいるんです。
世界が広がれば、壊れそうでも必死にそれを大切にしていることを、
美しいと、思う人がいる。

人の道って人それぞれある。
それは、その人だけの道。
だからこそ、酷い人(父)でも学ぶべき訳もある。

ラフマニノフのドラマチックすぎる曲と、そのピアニストの人生がぴったり重なった
いい映画でした。

ハッピーエンド晴れです。

タグ:映画
posted by aqui at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

続11月 映画 ヤコブへの手紙

寒〜い。
とうとう札幌も初雪です。

この時期になって、今年見た映画で、思い出されるのがこの映画。
ヤコブへの手紙


フィンランドの映画です。
とても静かで、
美しい映画です。

森の中の古い家。
ヤコブ神父の家へ沢山の人々から手紙が来ます。
ヤコブ神父は眼が見えなくなってきて、
神父のお世話をする仕事のため、
罪を償った一人の女性が住み込みで来ます。
その女の仕事は、手紙を読む仕事なのですが、、、、。


新約聖書に「ヤコブの手紙」というの節があるそうで、
それは、聖ヤコブが書いた手紙。
この映画は、ヤコブに送られてきた手紙。

もしかしたらこの辺にもこの映画のモチーフがあるのかも
しれませんね。

手紙を出せば、色々な形で返事が来ます。

メールもいいけど、
手紙には、待つ時間という、
メールにはない別のものがありますね。

私はこの映画泣けました。
又見ようかな〜!ぴかぴか(新しい)

posted by aqui at 09:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

そして、ギャベからニーチェの馬!

DVDで、映画ニーチェの馬をみたのですが、、、、
白黒の映像はとても美しい。
でも内容は、なんというか、、、、特別に暗いのです。
砂嵐の音、その中で毎日ほとんど同じ生活をする年老いた父と娘。
同じ食事、同じ風景、同じ習慣を繰り返し、繰り返し、繰り返し。
白黒の映像、砂嵐の音、同じ音楽、、、、、。

あー、なんて眠くなるこの映画。。。。。

でも、その中の小さな出来事は、とても大きな出来事に感じる。

ニーチェはどこにも出てこない。
でもニヒリズムで有名になったニーチェとは、反対の位置に生きるこの家族。
なぜか、タイトルだけで、ニーチェを改めて知りたいと思うような、、、。

簡単にいうと、
ザーと砂嵐の音、ズンチャッチャ、ズンチャッチャ、と昼間、そして、イモ、そして寝る、
そして朝、又、ザーみたいな映画(なんて失礼な)ですが、
時は静かに経っていく。
どんな映画?と聞かれれば、はっきりいって面白くない映画です。
でも、忘れられない、、、、
これはいい映画の特徴ですね。
第61回ベルリン国際映画銀熊賞です。

で、なんでギャベからニーチェの馬へというかと、
ギャベを見て帰りの車の中、思ったんです。
「ニーチェの馬の娘もギャベを織っていたらよかったのに。。。。」
又、ニーチェの馬を思い出す私でした。








posted by aqui at 10:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする