2015年08月15日

「武士の娘」 杉本鉞子(えつこ)さん

今日はお盆で終戦日。

1925年、アメリカで、グレートギャツビーがベストセラーになった時代、
同じ時期に、アメリカでベストセラーになった日本人の本があります。
長岡藩の元家老の娘、杉本鉞子(えつこ)が書いた自叙伝「武士の娘」。
ドラマ、「 武士の娘 鉞子とフローレンス」で知りました。
こんな本があるなんて知りませんでした。

アメリカでベストセラー作家になり、戦時中に帰国。
そして、日本政府からアメリカのスパイではないかと
ずっと目をつけられていた、、、、そんな杉本さん。

ドラマの中で、杉本鉞子さんが友人へ手紙を出したものが残っていました。
その内容をその友人の方が解読するんですが、
「戦争はよくない、してはならないとは、よく聞きますが、
彼女は戦争がなぜ起こったのか、よく考えることだ。」と言っていっています。

明治維新以来、急激に西洋文化を取り込み、戦争をして、敗戦国になり、
そして、今の日本。
でも本来の日本人って、文化ってどんなだったんでしょうか。


本当、私達一人一人が考えることが大事ですね。





野州ハナセキショウ 咲いています〜ぴかぴか(新しい)

    bonnsai.JPG



続きを読む
posted by aqui at 11:03| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

夏バテきみに 寝る前に読みたい本「夢を見る言葉 サン=テグジュペリ」

 夏だけど、ぱっとしない夏の今年の札幌。
 なんだかはっきりしません。

そんな時思い出したあの本。
寝る前に読むのがおすすめです。


朝だけどちょっと開いてみました。

「どんなときにぼくたちは幸せなんだろう。」P29

なるほど〜今日はそれを起こしてみますか!ぴかぴか(新しい)
posted by aqui at 09:14| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする