2016年07月28日

続・生徒さん作品 ガラスモザイク時計 レッドです!!!

おはようございます。
昨日のKさんのブルーの作品から、今度は赤の作品です!

生徒さん作品 Aさんの ガラスモザイク時計です。


途中経過↓

隙間をいかに作るか、作らないかが、モザイクタイルの技でもあります。
どこにモザイクをいれるか?ということが、
モザイクデザインの中でとても重要なのです。

Aさん、この時もとても時間をかえて、色々模索されながら、ガラスモザイクを
置いていきました!
Aさん時計経過.JPG



完成形!Aさんのお宅の
お庭で、カラフルなベジタブルと一緒に!
可愛い+楽しい!

Aさん時計2.JPG

ラベンダー!
北海道の夏ですね!!!!

Aさん時計.JPG

時間を見るたびに、元気がでる、かわいいくて素敵な作品に仕上がりました!!!!



続きを読む
posted by aqui at 08:32| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

生徒さんモザイクガラス時計できました〜!

こんにちは=!
又又モザイク生徒さん作品、完成続々です!

Kさんの時計↓
まずは、途中経過。
途中経過のモザイクも見応えありますね〜〜〜〜!!!!↓

作品経過って、
途中でも完成を見ながらやっていきます。

デッサンで例えるなら、1本の線も完成の一部として最後まで作品の中に残っていくもの。
途中だから、まだいいわーーと適当においちゃうと、、、、
最後の最後まで
これが響いてくるんです。。。

最後の最後に
「やっぱり、タイルここ、剥がそうかな、、、」と思うこともしばしば。。。
トホホになるのを避けるためにも
なるべく1個1個大事にタイルを置いていきたいですね!


Ksan時計経過.jpg
ガラスモザイクをカットするのは、大変なんです!
(思った通りになかなかカットできなかったりします。細かいガラスの飛び散りに気を付けながら、一苦労です!
(袋の中に入れてカットするなど、ガラスカットは注意しますよ!!!!)


目地を入れて完成↓
Ksan時計.jpg


ブルーが落ち着いて
大人シックなお花のモザイクになりました。
世界に一つだけの、モザイクの素敵な時計ですね!!!!!

 一機にご紹介は、もったいないので、
明日は、もうひと方。

Aさんの
レッドな
モザイクガラス時計のご紹介です〜。
お楽しみに

続きを読む
posted by aqui at 18:03| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

生徒さん モザイク表札 ご紹介!!! 

こんにちは!
今日は連休最終日=皆様いかがお過ごしですか!???

時間をかけて、制作された
M.A.K.Nさんの表札ができました!!!!
途中経過のモザイクデザインです↓↓↓

1.jpg

途中経過のモザイクも素敵です

デザイン細部↓
お花と小鳥がとてもかわいい
こう見ると簡単にできると思われる方もいるかもしれません。
しかしこれは、技術の賜物

1枚のタイルから、すべて
カットして、削り形を整え、
デザインし、
作られているんですよ!!!!!モザイクって奥が深いな〜〜〜〜〜〜!!!!

5.JPG

アールヌーボーのデザインを土台に作られました。

 出来上がり作品↓
プライバシーのためお名前の部分は白で消してあります。
お見せできないのが、残念!!!!



3.JPG

漢字で、名前を描かれています。

文字の形は
現在「とと姉ちゃん」でおなじみの
「暮らしの手帳」のデザイナー花森安治さんの感じを思い出しました。


こんなイメージで想像してみて下さいね↓↓↓








M.A.K.Nさん!
1作品ごとに課題を作って、取り組んでおられます。
時間をかけて作品に向き合い、ご自分で課題をみつけ、それに取り組む。

すごく素敵ですね!



続きを読む
posted by aqui at 12:18| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

個性的=!???オリジナルについて


こんにちは!
札幌もやっと夏です!!!
ビアガーデンの季節です!!!

昨日は、
個人レッスンでMさんのお宅にお伺いさせて頂きました。

絵画の基本を学び、オリジナルデザインへ展開せていきたいそうです。
目標と行動力。素敵です!

鳥のモチーフを使い
形をデッサンして
幾何学模様的な装飾模様と
MIXしました。↓は、私がご一緒に別のタイプで描いた鳥↓↓↓




DSCN8714.JPG



 魅力的な作品とは、
「オリジナル」なことは、間違いないのですが、
 「オリジナルってどうすればいい???」って考えています。

若いときは、単純に、
「個性的」がオリジナルなのかと思っていいました。

でもその個性を
外側からみていて、

「こういうのが個性的なのかな?」みたいなことを考えている自分がいました。

今はそうではないと思います。

個性はだれにでもあるものです。

そして
外に探すのではなく、自分の内側に探すもの。

本来の個性ってなかなか自分では、解らなかったりします。

本来のその人の中にもっている個性を
自然に出せる人って
「魅力的だな」って思います。


作品もそうだと思います。

極端に言うと、
線を一本描いても、同じ線の人っていません。
それくらい、違うのです。






続きを読む
posted by aqui at 12:38| 北海道 ☔| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

知らなかった=北海道にも円空さん


おはようございます。

数ある時代の仏像の中で、一目みて覚えてしまうのは、
やはり円空さんの仏像ですね。
江戸時代初期というこの時代に、ずば抜けて個性的。
抽象的な表現を仏像彫刻の中に、しかもこの時代に表現していることからして、珍しい。
そして、
今この時代にとても人気があります。

NHK日曜美術館で見た、井浦新と円空の旅。
円空さんは、
35歳で北海道に来ていたんですね〜知らなった。
時代は江戸初期、有珠山の大噴火のあと、貧困と混乱の時期に
鎮魂のため仏像を彫りに来たそうです。
その仏像が、各地にあるそうで、、、知らなかった。
まだ蝦夷の時代ですよね。。。

それから南下して
旅をして、仏像を彫り続けた円空さん。
その時期日本は、連続的に災害があって
そのための鎮魂の旅だったと言われています。

人生で彫った仏像の数は5千体になるそうです!!!

でも目指していたのは、12万体!(どんなけ???無限を意味していたのかも!)

伊勢志摩で作られた
善女竜王。

桜の朽ち木で、彫った、珍しい、
木の中にある善女と竜の仏像です。

幼いのときに母親が、災害で亡くなって
その供養のため、仏門に入った円空さん。


しかし、この時代、女性は成仏できないと言われていたそうで!!!!えええええ!!!!
日本もやはり、例外なくこんなことが言われていたんですね。。。。イヤね=。

それで円空さんは母の供養に苦悩していたそうでうが、
伊勢志摩で、大般若心経という
この地で大切にしていた経典の修復にかかわり
「女人成仏」という仏教の教えを知ったそうです。

そのとき彫られたのが、善女竜王。

女性だから成仏できないなんて、
分けのわからない固定概念を植え付けられたことに気が付いたこと、

それって、無意識に入り込んでいて、
じつはよくよく考えると日常の色々なことが実はそうで。。。

表現だって、もっと自由でいいんだ!って

もしかしたら、円空さんもそう思ったのかも!??
と勝手に私は思ったのでした。

円空さんの仏像は、
人の幸では、なく
不幸に向き合って、寄り添い、そこにある。
だから、今も、時代を超えて人々の心に訴えるのかもしれませんね。



  井浦 新さんの写真がとても迫力あって素敵ですね。
日美旅ブログ↓


続きを読む
posted by aqui at 10:27| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

続 生徒さんモザイク作品ご紹介〜経過も素敵なモザイクです!



おはようございます!
昨日の続き☀で、
生徒さんT,Y,.さん
のその後の完成作品です。
前回ご紹介したのが↓

1.jpg


そしてかなり進んで↓

2.jpg


目地入れをして、
それから額に入れて 完璧完成です!!!
3.JPG

違う色の額縁バージョン↓↓↓
4.JPG

額をかえれば、又違った見え方がしてきます。

上の濃い額縁は、
海の青がよりはっきり観えますね。モザイク画がしまって観えます。

そして、ナチュラルな木目の方は、
全体的に柔らかく、広がりをもって観えます。

どちらも素敵です。

額縁を変えて楽しむのも、とてもいいですね!

 途中経過も 充実していて、
素敵に楽しめる、モザイクです。
posted by aqui at 10:37| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

NEW!!!生徒さんモザイクタイル作品続々です!

 おはようございます!!!!
生徒さんモザイク作品、続々仕上がっています。

ちゃみ母さん。
ガラスモザイク+アートクラフトタイル
モザイクインテリア壁掛け、

「SMILE ALWEYS」

いつもスマイル - コピー.JPG
デザインからご自分で制作されています。
とてもハイテクニックな作品。
モザイクは、
タイルと言う素材をどうかみ合わせて調和させ、
色々なカットの仕方で動きを出したり、文字を見せたりして、
そのデザインを表します。

ここでは、モザイクの技術的テクニック+モザイクデザイン力
の両方が入っています。
まさに、オリジナルアートですね。
お洒落です。



次は、Kさんのモザイクテーブル。

こちらは、私の作ったモザイクデザインをアレンジして作るモザイクテーブル。
テーブルも板からすべて完全DIY!で作っています!!!!


Kさんテーブル - コピー.jpg
 可愛くて温かみのある作品に仕上がりました!


こちらは、Aさんのモザイクテーブル。↓↓↓
AさんテーブルDIY.JPG


又全然ちがうタイプのテーブルに仕上がりました。
お庭と色があっていて
とても素敵です。




私の見本作品より、ずっと
皆様すごーく良い!!!オリジナル作品を作られています。

最初は私の見本作品をアレンジして作って行く、
それから、モザイクデザインを学び
完全オリジナル作品を作る。

そういえば!???
そんな流れのクラスになっております。。。
奥のふか〜いモザイクタイルです!

明日は、
以前のブログでご紹介した途中経過の
生徒さん作品の完全版!
作品の流れをご紹介いたします


posted by aqui at 09:45| 北海道 ☔| Comment(0) | モザイクタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

やっと!!!!!HPできあがりました!!!!!!

おはようございます。
突然ですが HPがやっとできあがりました!!!!



どうぞご覧になって下さいね!!!!!
よろしくお願い致します。


posted by aqui at 09:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

金曜日の絵画教室 アルバム第2段!!!

おはようございます〜!
札幌は6月に入ってから寒いです=!
明日は姪っ子の運動会!
雨かな。。。。寒いし。。。。

さて金曜日の絵画教室での
K,Tさんの絵画アルバム第2段の完成です!!!
今回は水彩画に
アクリル画が加わっています。
1冊目との
違いも楽しみですね〜。
早く届かないかな!!!

tolot2.jpg

最近 絵画教室では
水彩絵の具の中のアクリルを使っています。
アクリル絵の具は、
色々な種類のメディウムというものと混ぜ合わせて使うことができ、
油絵具のようにとか、
艶をだすためにとか、
マットにするためにとか、
絵肌を作るために、とか
用途に合わせて
色々なことの、選択の幅が広がります〜!

絵の具の色の種類の豊富さはさることながら、

メディウムの種類が凄い!

日々、進化しているメディウムです!!!
これを使いこなすと又絵の幅が広がりますね!

これは、別な方、Tさんの作品↓
「考えるおさるさん」
という感じですね〜。味がありますね。
 おさるさんのバックを砂が入ったメディウムを使用しています。

DSCN8364.JPG

絵の中で一番難しいと言ってもいいところ。
それは、空間です。
空気の色ってどうします???
絵の場合どうにでも表現自由!可能ですが!!
空間は、出さなくてはなりません!

メディウムを使って、バックがとてもいい感じです〜。

 絵の具+メディウムは、可能性大ありです!!!!

posted by aqui at 10:16| 北海道 ☔| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

アドラーの次は、松尾芭蕉!?不易流行

こんにちは!
最近心理学のアドラーが流行っているみたいですね〜!

確かに人間関係って、人生の中で大きな割合を占めていますよね=!!!
今日のNHKのニュースでは、自己肯定感が持てない若い人とアドラーについて
言っていました=う〜ん。

アドラーさんは言っているそうですよ!
「上をめざすのではなく、自分の道をめざす」

なるほど。言うけどなかなか難しい。。。

朝PCに向かっていますと
パラッとメモが落ちてきました。

不えきりゅうこう・・・

どうも意味が解らず調べようと思っていた言葉のようで。
それさえも忘れていた私。。。

今調べてみました!

「不易流行」

それは松尾芭蕉の言葉だそうです。

「不易」は、変わらないもの。
「流行」はその時代に新しさを求め変化していくもの。
相反するようにみえますが、目指すものは同じであるという考え。

俳諧における変わらない本質は、新しさを求め常に変化する流行の中にあるという考え。

えーそうなんだ!
流行を取り入れながら本質を探るのではなく、

新しさを求め自ら変化する!なるほど!

そうなると、
新しさや流行の意味が
今とはちがってきます。

本質を探して、新たに開拓していく。そんな意味でしょうか。

もやは、人の眼を気にするのではなく
まさに自分の道を行く。

松尾さんも同じようなことを言っているのですね〜。

オリジナル性は正にそれですね!

確かにどんな世界でも、その道が一番だど思います。
なるほど=です。













続きを読む
posted by aqui at 12:50| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする